アトピーの睡眠不足を解消したい

 

アトピーで夜眠れないのをなんとかしたい!と思っていますか?

 

アトピーの痒みで、夜眠れない・夜中目が覚めてしまう・かきむしってしまう。
アトピーで悩む人の多くが抱える悩みですよね。

 

アトピーで睡眠薬を使うというのは治療としてはもちろん効果はありますが、
副作用もありますし、できるだけ、薬に頼らない方法で、眠れたらどんなにいいかと思いますよね。

 

かゆみを忘れてぐっすり眠りたい!!!

 

アトピーで眠れないという辛さもありますが、睡眠不足を改善させることが大事な理由があります。

 

それが、睡眠不足でアトピー症状が悪化する ことです。

 

アトピーで眠れないと、睡眠中に出る「ステロイドホルモン」の分泌が悪くなるため、痒みがさらに悪化してしまう。
睡眠中に皮膚をかいてしまうことでも、もちろん皮膚の状態は悪化してしまいますので、それも睡眠を取らなければならない理由です。

 

では、できるだけ、睡眠薬に頼らないで 睡眠を改善する方法はあるのか?

 

 

 

おすすめは、睡眠を改善する体に安全なハーブ類+免疫改善に特化した乳酸菌の摂取をすることです。

 

 

 

>>眠れるハーブ+アレルギーの免疫力を高める乳酸菌の両方が一度に摂れる唯一のサプリ<<

 

 

 

体に安全な特許取得成分の効果

睡眠薬に頼らないで眠りを改善するハーブは民間療法としてもありました。

 

例えば、
沖縄原産の「クワンソウ」
ヨーロッパのうつ病改善ハーブ「セントジョーンズワート」
中国では薬として使われる「羅布麻(ラフマ)(ヤンロン)茶」
CMでもメジャーな アミノ酸「グリシン」など。

 

これらを使って、眠れるようにすることは可能です。
もちろん薬ではありませんので、効き目は睡眠薬のようには行きませんが、
ゆるやかに安全に体に作用させることができるので、長い目で見たら、体への負担は少ないはずですからね。

 

特に、子供や未成年などの場合、睡眠の質を改善させてあげるのには睡眠薬はできたら使いたくないのが本音だと思います。

 

 

私が探して使ってみたおすすめの「睡眠改善サプリ」

 


私が今、飲んでいるのが、「アレルナイトプラス」です。
このサプリメントを知ったのは、他の睡眠サプリメントを使ったあとだったのですが、
このアレルナイトプラスが一番、私には眠りが改善されたという実感があったんです。
このアレルナイトプラスですが、他の睡眠サプリと比べても各成分の配合量が多いんです。

 

例えば、「睡眠改善成分」として、日本とアメリカで特許を取得している成分「ラフマ葉抽出物」は50mg入っています。
ラフマ葉抽出物50mgというのは、筑波大学の先生推奨の睡眠サプリである「ネムリス」の30mgよりも多い量です。
他のラフマ葉抽出物サプリと比べても、最も高配合なサプリメントなんですね。

 

さらに、リラックス成分として欠かせない「ギャバGABA」はラフマ葉抽出物と組み合わせると相性が良く相乗効果があるという研究結果があるそうですが、そのギャバの量も100mgと他のサプリに比べると高い配合量です。
それだけではなく、グリシンも1000mgも配合されていて、他のサプリメントは気休め程度しか配合していないところを、ヒト試験結果に基いて、「豊富な有効成分量」を確保しているんですね。

 

エビデンスのあるアトピー改善乳酸菌を高配合


そして、このアレルナイトプラスがアトピー症状の人に指示される理由が、「植物性ラクトバチルス乳酸菌」を高配合していることです。
酒粕由来の「植物性ラクトバチルス乳酸菌」はアトピー症状を改善するという検証結果があります。
そして、この植物性ラクトバチルス乳酸菌も、「ヒト試験結果」で得られた時と同じ分量である100mgを配合しています。
他のアトピー改善乳酸菌サプリを調べてみても、同じように、アレルギーにいいという乳酸菌は配合されていますが、
検証結果と同じだけの100mgを配合していると明記されているものはありません。

 

中には配合量がはっきりわからないものまであります。
そういった意味でも、きちんと結果が出る配合量にこだわっているところが、アレルナイトプラスの信頼性かなと思います。

 

もちろん、乳酸菌でアトピーを完治させるためには即効性は期待できませんが、
まず、よく眠れる様になることだけは、私は実感済みです。

 

そして、眠れるようになることで、アトピーに対していい影響があることと、生活全体の質があがることは確かな実感として得られるのは、やっぱり嬉しい事ですね。

 

 

>>アレルナイトプラス 実際に飲んでいる人の口コミを見てみる<<

 

 

ネムリス
爽眠α
マインドガード
アレルケア

 

 

そんな私も、大人になってアトピーが再発してから睡眠がうまく行かず、辛い時期がありました。
寝れないことは、大げさですが、生活の全てがめちゃくちゃになってしまうんです。
おおげさですが、自分にとって大事な、仕事・お金・人間関係、全てに関わると実感してました。

 

あまりにひどい時、睡眠薬を使っていたことがありましたが、母が看護師だったため、
睡眠薬を使うことにはかなり否定的でしたね。

 

実際に、私は副作用が強く出るタイプで(母からのすりこみも大きかったと思います)
やはり、長く続けるのはやめようと思いました。

 

そもそも、睡眠薬や睡眠導入剤を使っての眠りは、自然な眠りですっきり目が覚めるものとは全く違いますからね。

 

 

たまに眠れないくらいなら良いのですが、睡眠不足が続くと、だんだんと日中の行動や精神状態にも差し支えが出てきます。

 

毎日寝れない→日中眠くて生活にも差し支える→ストレスがたまる→ストレスでさらに眠れない→

 

この悪循環に陥ります。

更新履歴